Uber

ニューヨーク★ブッシュウィック・ブルックリンを楽しもう🇺🇸3やっとついたよ〜

ハイ!やっと着きました!友達のアパートの前 に。ちょうどアラブ系の作業員の人達が壁の塗り替えをしておりました…

友達、外にいないな….どうしようイヤな予感….天気はすこぶる良い、つか、めっちゃくちゃ暑い☀️

重いスーツケースを引きながら、どうしよう〜待ってたら出て来てくれるかな?すでに出て来て待ちすぎて中に戻ったんだろうな〜

そんな事を考えながら、しばし待つ…このまま出てこなかったら….暑さに耐えれなくなり、Wi-Fiを探す為に移動‍

天気が良いので、気分は良いのですが(笑)友達が心配してるんじゃないのかな?待たせて悪いなと言う気持ちで、焦りながら電波を探しに…

しかし、なかなか見つからず

結局、自分の今回の宿”Airbnb” に早めにチェックインを試みることに☝️

チェックインの時間が3時間以上あるので、友達の家でしばらく居させてもらおうと思って、友達の家に先に行ったのですが、Airbnb 入れたじゃん(笑)

入ればWi-Fiの紙があるはずだから、と部屋に入り、机の上やリビングのテーブルの上、冷蔵庫のメモなども見ましたが、なーーーーーい‼️

困ったこれはやはり外に出てカフェ☕️かレストランに行って、Wi-Fiを拝借しなくては!誰にも連絡できないて

外に出て、街を歩いて、前回なかったオープンテラスのある大きめのシーフードレストランシーフードへ       名前は”Sea Wolf”美味しそうでしたよ、心と時間と不安で、お腹の余裕はなかったけど、(笑)

入口の案内係の、女の子に               “友達とここで待ち合わせしてるんだけど、私の電話、使えなくて困ってるんだけど、Wi-Fiありますか?”と聞くと

快く素早く、私のi-phone を手に取りWi-Fiのパスワードを入れてくれました!

これ☝️完全なるハッタリです‼️(笑)

私は、ありがとう〜とお礼を言い、早速、メッセージを開くと           “どこにおるん?”とメッセージが来てたので

電話をし☏*(今は、LINE電話かメッセンジャー電話が無料で海外では便利)

“ごめん〜アパート前まで行ったんやけどな、かくかくしかじかで〜Wycliffe ストリートと、Troutman ストリートの交差点のシーフードレストランにいるよ”と言うと

“なんでそこにおるん?とりあえずアパート来て!”とやっと連絡がつき

トラウトマンストリート笑歩いて行くと、向こうから友達が 良かった〜〜

“はーい!元気やった?”とハグして、早速”なんで外で待ってなかったん?外で30分くらい待ってたんやで”と、ご注意を受け”ごめんなさい〜‍”と理由を言い謝り

やっと、この旅のスタートとなりました✨

 

 

ニューヨーク★ブッシュウィック ⭐︎ブルックリン を楽しう🇺🇸2🚙Uberの巻

さて、Uber 待ちです🚙
Wi-Fiが切れる前に、早く迎えに来て〜〜💦なぜなら、タイムリミット30分!無料airport Wi-Fiだったので…(1つ前のブログ参照)

そして、ウーバーが迎えに来ると同時に友達に、”今、空港出るから外に出ててね!”とメール📲を送らなくてはならず、

(なぜなら呼び鈴がないアパートだったので、外に出てもらってないと中に入らないのです💦)

焦りながら、Uber待ち🚙                    待ち時間5分→4分→キャンセルされました😵って、なんで〜〜⁉️

今度は、Uber poolを選んでみました(Uberプールとは☝️相乗り式で、道中、他の人もピックしていきます👨‍👨‍👦必然的に時間が余分にかかるので、割安になります☝️)

すると、それらしき車が来ました。トヨタカムリが来る予定が、           (ウーバーには、ドライバーの顔写真と名前と社主が表示されます👳).                      フォードが止まり”Miki?”と聞かれ、確かに私のUber だったので乗りました🚙

それと同時に、”今、空港出たよ〜〜”友達にメッセージしました📲

やっと、空港を出ることが出来ました✈️ここまではとてもスムーズ(笑)

旅先では、ドライバーさんとちょっと会話をするのですが、だいたいUberのドライバーさんはアラブ系かインド系メキシコ系の方が多いので👳

喋りやすい気さくな方👳が多いのですが….若干、発音が独特で、人によっては聞き取れない事があり、

それで、しょっぱな自分の英語力に凹むと言うのが旅の通例です(笑)😅

“これはTOYOTAカムリ?”と聞くと”フォードだよ。Mikiでしょ?”

私は、”そうMikiだよ、でも私のUberの表示には、TOYOTAカムリが来るってなってるよ!”と言うと

“見せて”と言うのでUberアプリを見せると、”何でだろ?でも大丈夫!”と言うので、本当か?と思いながら納得(笑)😅

結果大丈夫でした👇

“今日は、夏みたいだね〜〜”と声を掛けると、”2、3日前まで涼しかったよ、昨日あたりから暑いね☀️”と答えてくれ

“中国人?”👲と聞かれて”No〜I’m japanese”と答え(笑)

“ニューヨーク初めて来たの?”聞かれ

“もう12回目だよ〜”答えながら、外の風景を眺めていると、この日は独立記念日だったので、公園でBBQをやってる人達を見つけて、テンション上がっていると😊(笑)

(🇺🇸アメリカの独立記念日は、昼間は海や公園などの野外で、BBQを友達や、ファミリーでやって、夜は花火🎇をみながら呑むんで、ゆったり過ごすって言うのが、伝統らしいです。楽しそう🍖)

ドライバーさんが、”こっちにファミリーがいるの?”聞かれ

私は、”友達がいるから会いに来たよ、今日は友達の家で独立記念日の花火🎆を見るんだよ”って言うと

“ブルックリンから見えるの?シティーの方まで見に行ったら楽しいよ〜😆”と

“でも、めちゃくちゃ混むでしょ?”と聞くと、”ヤバイくらいにね(笑)”といい笑ってました👳

私は”ドライバーさんは今日は一日中仕事なの?”と聞くと、夜まで仕事らしく

私は、”㊗️祭日に仕事するなんて、日本人みたいだね!”(笑)と言うと

“そーだね〜〜(笑)”と、大変そうだけど頑張ってね👍と話していると、Bushwick に到着🚙

あれ👀見たことあるけど、友達のアパートの前じゃない!!💦

しまった、前回のAirbnb の住所を伝えてた!と気づき😅

“ごめんなさい💦住所間違えたから、もう一本向こうの通りに行ってもらえますか?”と言うと

快く乗っけて行ってくれました😊

とりあえず、スムーズにBushwick 到着🚙

この後、恒例の試練が訪れる(笑)😁

天気が良い‼️BBQの写真撮るの忘れた💦

 

海外旅行初心者🔰ガイド☆ホテルのお役立ち情報❗️

さてホテルに到着

今回は、ミッドタウンのエジソンホテルに宿を取りました☺️

なぜそんな場所に!タイムズスクエアのど真ん中に取ったのか⁉️

今回の旅の予約をする時に、選択肢として、クイーンズのホテルか、タイムズスクエアのホテルのみが、同額だったのです💰

友達たちは、初NYだったので、タイムズスクエア=ニューヨークな感じで、いいかな〜と選びました⭐︎

なにより初心者には、交通の便もクイーンズより、マンハッタンのみ方が、断然動き易いし、わかり易い☝️

そして、ここがポイント❗️なぜホテル付きにしたか!?

エアカナダのエアチケットだけと、全く同じフライトでホテル付きだと、なんとホテル付きの方が、旅行代金が1万円安くなったのです👀

つまりホテル付きにすると、航空券が安くなりホテルも付いてくる(笑)

海外旅行会社のサイトを見ていると、しばしば見られる現象!これこそミステリーカラクリです😱

そうなら、絶対ホテル付きにしますよね(笑)
そして今回私は、ブルックリンの友達の部屋を借りる事が出来、泊まる所はあったのですが、ホテル付きの方が、単純に旅行代金が安くなるのと☝️

予約の時に、2部屋のうちの1部屋分の予約の名義代表者になっていたので、クレジットカード💳でディポジットしなければ、友達がチェックイン出来ないので

ブルックリン→マンハッタン→ブルックリンという謎の移動しなければ、なりませんでした🚙

それではチェックインです☺️

エジソンホテルは、口コミ通り古い建物でしたが、ロビーは格式がある感じで、コンシェルジュの方もとても紳士的👔

IMG_1806 IMG_1809

部屋もとても広くてキレイでした✨

IMG_1805

話が少しがそれますが〜

こちらと、だいたい同額のホテルのペンシルベニアホテルや、ウェリントンホテルに何度か泊まってますが、

ペンシルベニアホテルは、めちゃくちゃ大きいので、建物もしっかりしていて、ペンステーションの真ん前の繁華街にあるのにも関わらず、中は静か

しかし、部屋が多すぎて管理が行き届かないのか、前回はお風呂のお湯が出ないって事で、2回部屋を変えてもらう事になりました💦

その前は、エアコンのつまみがなく、1月の極寒の時期に、部屋が十分に暖められないので湯船♨︎の蒸気で温めるという荒技を使ったりしました

でも、そこに懲りずに3回泊まってる私(笑)とにかく空港がニューアークの場合、すごく便利なのです✈️

ウェリントンは、建物は古いけどそれが逆に雰囲気が素敵な感じなのですが、部屋がカビ臭くアメリカのホテルの割に狭い!そして建物も小ぶりで古いので、防音設備なく、こちらも繁華街という事で、とてもうるさく寝れませんでした✖︎

話が逸れましたが、予約の参考になればと☺️

話に戻ります、チェックインです❗️

だいたい”Hi!”と言うと”What your name?”と聞いてくれて、予約確認で見てくれます🖥(笑)

“I have a reservation for tonight “などと言わなくともイケます😅

そして、同室者名など確認され

クレジットカードでディポジット💳します!これは、お会計のためではなく、基本は身分証明になり、そして何か支払いが発生するような事があった時の為の、カードの登録です。

旅行会社のパッケージで、旅行に来てる場合は、すでに支払いは済まされてますので、クレジットカードの役割は身分証

パスポートがあっても、クレジットカードがなければ外国では、身分証明にはならず、とても大変です💦

旅行が決まる前、友達4人のうちK君1人しかクレジットカードを、持っておらず….2部屋予約するのに、最低2人はカードを持ってないといけないので、1部屋は私の名義にしました。

旅行の前に、Yちゃんもカードを作ってもらいました☺️しかし彼はカードを作るのを、しぶってました〜(笑)

(わかるんですよ!カードなんかない方が、良いですもんね無駄遣いしますから)

しかし❗️アメリカは、カード社会なので、4人で1人のカードに頼るのは大変だし、私は違うところに泊まるので、近くにいない事もあると言う事で、4人で2枚のカードで、やりくりしてました。

無事に4人が部屋に入ったのを確認して、私はUberを呼び、ブルックリンへ🚙

この時は、Uber Poolにしたので相乗りで、同じブルッリン方面に帰る男性2人組と一緒になりました、その分お安い💰

IMG_1802

通常、1人乗りUberだと彼の倍はかかるし、タクシーだと40ドル前後かかるところが、13.99ドル便利☺️

しかし、後からアプリを確認したら、この時頼んだ覚えのないUberが頼んだ事になり、勝手にキャンセルした事になり5ドルのキャンセル料が発生してました💦

なぜ?5ドルの請求は来てなかったので、とりあえずUberへ報告して様子見です。今月の請求に上がってなければでしょう☝️

という事で、家に着いたのは午前1時、重いスーツケースを4階まで自力で運び、鍵を開け🔑

そう、この鍵開けるの難しい(笑)日本の鍵と違うのもあるけど、夜中にガチャガチャガチャガチャガチャガチャ、格闘すること7,8分

途中、出張中の家主にメッセージ送ったり

完全なる酔っ払いの不審者とかし(爆笑)

やっとは入れました〜☺️ホッ

IMG_1803

可愛いエミちゃんがお出迎え、久しぶり〜

部屋に荷物を入れて、落ち着くと☝️そーいえばお腹めっちゃ空いたなぁ〜と、思い返してみると、この日トロントの朝ごはんから、食べた物は飛行機✈️で分けられるプチプレッツェルのみ!

私は、なんとかビールで、お腹を保ってましたが、

(後日談…友達NUKEは、その夜ピザ屋さんに行ってたらしく、そしたらK氏の🍕オーダーのみ通っておらず、K氏はセブンイレブンへ、みんなも一緒にカップヌードルを買ってホテルに戻ると…ポットがなく、お湯が沸かせず食べれなかったとの事)

ホテルのフロントに言ったら、ポット貸してくれると思いますので、もしその様なハプニングがあったら、聞いて見てください☺️

プチハプニング❗️

 

 

 

 

 

 

海外旅行初心者🔰ガイド9☆Uber珍道中(笑)空港からの脱出劇❗️

やっと、空港からタクシーを拾い🚕ベニューへ直行するぞ〜と外へ出ると

Tさん(NY友達)の言った通りタクシー乗り場には、黒山の人だかりというか、人の列     👇見えますか?

IMG_1166

なので、当初の予定通り”Uber”を呼びました☝️Uberはタクシーアプリで、相乗りを選ぶと割安で乗れるのです(その場合Uber プラスを選択)

1人で乗ってもだいたいキャブの8割、7割ほどの料金

今回は、K君のiPhoneで呼びました

Uberを頼むと、Pick upの場所はココで。と、指定が来ます。ちょうど、一般車両のお迎えに来る場所でした。タクシー乗り場の少し離れて横あたり

先に、Uberを頼んでいた人達や、家族のお迎えの車が、どんどん来ます

画面で地図が表示され、近辺にいるUberが表示されます☝️

🚙がウヨウヨ動いていて、その中から一台”TOYOTA Camry No.〜運転手誰々が、向かいます。”とお知らせが来ます📢

そして、到着まで何分。と表示が出るので、それを目安に待ちます☺️

この時は8分で到着。と表示が出たので、そんなかからないね〜と、話していると

地図を見たら、あと8分が9分に、そして12分にうそん!!(笑)

K君と2人で、”ヤバイ💦なんでやろ?”とアプリの画面を見ていると、なんと車がクルッと方向を変えてしまいました

そっちじゃないよ〜〜と言いながら、どうしよう!どうしよう⁉︎と言っているうちに、30分ほど時間が経ってしまい、しかもUberからキャンセルを食らう羽目にOMGーーーー

“とにかくもう一回、呼んで!”と、私はK君に言いUber🚙を呼びました。しかしまた同じように待ち時間が増えたり減ったり、空港のピックアップゾーンは、ずっと大混雑

K君と私が、あたふたしてる時の他の人達は余裕🚬ある   ⬇︎ まぁ手伝うことはなかったから…黙ってるのが正解(笑)

IMG_1164

すると、K君が大きな道からここへ来るのに混雑してるから、大きい道まで出たら🚙拾いやすいんじゃないかな?と

苦肉の策で、みんなでスーツケースをゴロゴロ引きながら、雪が❄️残ってる道を行って見るものの、

私は、”これは大きい道に出ても車が止まれる道じゃないよ、たぶん”と判断

NY友のTさんも、同じ事を考えた事があったらしく😅ラガーディア空港から歩き、結局🚙つかまらず、クィーンズのご飯屋さん🍴まで辿り着き、ご飯食べて帰ると言う(笑)のを踏まえてと判断(笑)

そして、私達はまたもやUber側から、キャンセルを食らうという💦始末!

私達はまた、一旦離れたピックアップ場所まで戻り、今度は私のUberとK君のUberで、ダブルで呼んで早い方に乗ろう☝️と言うことになり

呼んで見ると、K君のが2分待ちまで近づいて来たので、私のをキャンセル🚙

⚠️キャンセルしてわかったのですが…こちらからのキャンセルは、呼んで五分以内じゃないと、キャンセル料が発生するらしいことが発覚💦良かった3分で

IMG_1213

IMG_1214

そして、K君のUberの方が2分だからもう来るかぁ〜〜!?と言っていると、またもや一気に待ち時間12分に増え、最終的にまたもやキャンセル❗️Damn it🖕🖕🖕

もう一度、2人で呼んで見るも、状況変わらず、そんなこんなで、1時間半以上経っていました

こりゃ、リハとか言ってる場合ではなくなり、イベントオープンに間に合うか⁉️と言う、かなり深刻な状況に😰

なのでTさんに、まだラガーディア空港を出発出来ない事を伝えると、”よくある事だから〜〜想定内!出番までに間に合うように来て〜〜”と何と大らかな❤️

しかし、さすがのハプニング慣れしてる私も、ヤバイ💦何とかしなければ!と、ちょっとタクシー🚕乗り場までウロチョロ様子を見に行くと、

黒人のおじさんが、小さい声で”Taxi?”と言うので、”え?”と言うと”Taxi?”と言うではないですか👀

“Yes Taxi!!”と妾もすがる思いで、言うと

“Come on👍Where are you going?” と聞くので

“Brooklyn!”と答えると”Ok! $75″ と言われ、悪くないな5人なら…と思い”Ok!! With my friends ” と言うと

“How many? ” と言われ “5! Including me”と答えると

“$95″と金額変更😅まぁ仕方ない、文句言っている場合ではないし、5人で割れば安い!と

おじさんと一緒に、みんなの元へ🏃‍♀️💨

みんなに”タクシー見つけた!95ドルやけどそんなもんやろ〜割ったら安いし”と言うと

“高いな!”と声が….💢多分、Yちゃん❗️

割ったら20ドルもせんのやぞ、妥当やぞ!自分で探す?誰のライブ?と瞬時に頭をよぎりましたが、そんな事よりも👇

私は、ニューヨークの友達に、地元の友達のバンドがライブしたいって言うから、ブッキングして欲しい。とお願いした手前🙏責任がある👍彼らを、彼らの出番までに、そのベニューに送り届け使命があったので、とにかくそれに集中!(笑)

(いつもなら、思った事は口に出しますが、そんなこと言ってる場合じゃなかったんでしょう(笑)私も必死です💦!)

K君が、”Uberより高いけど、割ったらそんなもんすかね、そんなこと言ってる場合じゃないし…” と、よく状況わかってる発言😭

文句言ってる場合じゃないんだよ!て事で

車に乗り込み🚙(荷物も多いから、大きい車探すのも大変💦)荷物も積み込み👜

いざ、Brooklyn のBar Matchless 🎸へ出発

あー焦った😅ニューヨークの地を踏んで2時間半、すでにライブがスタートしておりました

IMG_1219

 

 

 

 

ニューヨーク☆股旅☆Queens Museum2☆William Gropper Exhibition

Queens Museum 番外編と言いますか、

Ramones展を見にいったのですが、たまたま横でやってた

“William Gropper”展が、なんかとても面白かったので、写真載せます😃

コミュニスト系、文学雑誌            “New Masses”に、評論、文学作品、ルポ、風刺画を掲載し、1930年代の、プロレタリア文学運動や、反ファシズム文化運動、共産党の文化政策を反映

image

その雑誌に、絵を提供していたウィリアム グロッパー!

なんだか、風刺的で、シニカルでユニークで、面白いです😆

そして、なんだか可愛い😊

image

KKK👇

image

ナチス👇

image

こんな感じの日本的な絵も沢山ありました🗻 写り込みシリーズ👇(笑)

image

原爆や、戦争に関しても風刺絵画もありました🔫

いろいろディープな題材を、シニカルにコミカルに描いていて、あえてそこを包み隠さず描き、世界にみんなに訴えていくと言う、画家さんだったのかな?と思います📢

なかなか、偶然じゃないと出会えないアーティストの作品に出逢えるのも、美術館ならでは

お目当のExhibition以外でも、いい作品や好みの画家さんを見つけられるのが、楽しさの一つですね〜

まさに、大きな都市の美術館の良さの一つ✨

 

そして、もう一度”Ramones 展”を見て(笑)名残惜しい💧

ここは何の展示?と、違う部屋に入ってみると、ニューヨークの大きなジオラマ❗️

image

常設なので、行った時は見てみてください☝️なかなか圧巻です☺️

そして、外に出ると〜

あ❗️これ前から何度も、ニューヨークの映画やドラマで見たことがある〜👀一体どこにあるんだ?と思ってたやつが目の前に(笑)

image

image

なんか、テンション上がった〜(笑)

一人で‼️



ニューヨーク☆股旅☆Uberを使ってみた!Part 2

さて、初Uberはうまくいきました😄

Uberに味をしめた私は(笑)
次の日の日曜日、Queensに行くのに行くのに、早速また利用しました😜

実は散々、メトロやバスで乗り継いで
Brooklyn Buahwick から、Queens へ行く方法を検索し、写メも撮ってみたのですが💦

結構、Brooklyn内での移動は面倒で、バスなどは地元の人と乗るなら、わかるかと思うのですが、ビジターにはわかりづらい(汗)

と言う理由と、時間が押してるって事で😁

呼びました❗️
相乗りでも、全然問題ないので
同乗者がいても良いですか?みたいな質問に、Yesと答えたのですが…

迎えに来てくれた車には同乗者は、いませんでした😗
運転手はMehulさん👮

あ、前回!初Uberの時に相乗りの人と、話ししたって、その後会った友達に言ったら”ウーバーの相乗りの人に話しかけるって初めて聞いた!(笑)”

て、驚かれました~💦喋らないものなの⁉️運転手さんも交えて3人で話ししちゃった(笑)

まぁそれは良しとしてー😉
その日はとても良い天気、距離もかなりあったので、車で行って良かった~🚘

Manhattanや、Brooklynの地下鉄は、土日はしょっ中、遅延、休止があります💦

この日も、初めて乗ろうかと思ってた、Gとか、7Lineが、変更や少し遅延が出ていて
(ちなみに、前日このLineの事も友達の間で話しに出てきました❗️

遅れるし、使う事あんまりないから、何のためにあるんだろ?って思うって話ししてたのです(笑)

Queensに住んでる人用だとは思うのですが、Manhattan→Queensに行くには必要ですよね💦

でもBrooklynに住んでたら、本当に乗らないですね(笑))

そんな事を回想してる間に、
目的地”Queens Museum”に着きました♫
20分ほどで着きました!今回は20.44ドル🚘

目的は”Ramones 展” Yey ‼️
こちらについては、またのブログで😊

はいーそして、その帰りです!
急遽、予定変更があり、Manhattanに行く予定が無くなったので

お腹も空いたし~🍜ラーメン食べたい💕と思い

近くのラーメン屋さんで、間違い無いのは2月にも行った”せたがやラーメン”(笑)

Williamsburg にあります、電車で行く事も検索しましたが、この後Coney Islandへ行く予定があり🎢

クイーンズ美術館に、Wi-Fiもあったので
またまた、ウーバーさんを呼ぶ事に(笑)

表と裏と入口があって、どっちに来るのかソワソワでしたが、地図に車が表示されるので、間違えることが少ない!

次は、ラスタマンが運転手👳
すごいドレッドの黒人の運転手さん、とても愛想が良くて、感じが良い人でした☺️

乗るなり”クラッシックは好き?”と聞くので”うん”と答えると

マジなクラッシックを、かけてくれました(笑)

どこから来たの?とか、どこに住んでるの?とか、タクシーの運転手さんがよく話しかけてくる事も話ししましたが、

“Uber plus”って知ってる?
相乗り出来て安くなるんだよ~
アプリの下にボタンがあるから選択したら、相乗りになるよ、でも急いでる時は1人の方が良いかもね”

と、Uberの説明をしてくれました✨

(初回、相乗りだったのは、どうも私が知らない間にそれを押していたよう😅)

私用の電話をする時も、電話していい?
すぐ切るから~と、ちゃんと了承を得てきたり

タクシーの運転手さんは、みんなそんな事御構い無しで、好きにしてるのに(笑)
とても、礼儀正しかったです☺️

Williamsburg に着く頃に、”
ドレッドすごいですね、私もむかーししたことがあるけど、そんな風にならなかったよ~

ドレッドだから、あなたはレゲエだし
私は革ジャン着てて、ROCKなのに
2人で、クラッシックっておかしいね~
(笑)”

と言うと

“ハハハハ、私はなんでも音楽好きだよ、レゲエ好き?”と聞かれ”うん!”

と言うと、レゲエチャンネルに変えてくれました(笑)

面白かったですよ~😃

もちろん、利用者の評価は五つ星⭐︎にしました❗️
ありがとー😋Bukolaさん(笑)

image

最後にUberを利用したのは、帰りのJFKに行く時でした、

一度呼んだ時は、なぜかキャンセルになり、もう一度呼び直しました💦
そして、道は空いてたけど、意外に45.48ドルかかりました!

タクシー🚕と、変わらなかったかも(笑)
その時の条件によるんでしょうか~😅

良かったら一度使ってみてくださいね✨



ニューヨーク☆股旅☆Uberを使ってみた!Part 1

前回の”珍道中シリーズ”で、JFK空港にUberで行こうとした話を書きましたが~

アプリをダウンロードしたものの、結果入力が完了出来ず、タクシーを呼ぶのに一苦労したので

今回は、Uber をあらかじめ、旅行出発の前にダウンロードしときました😊

前回の、”パスコードを入れてください”で、電話のパスワードと思って、忘れた~💦と思って断念しましたが

そのパスコードは、登録時に携帯のメッセージに送られてくる、コードの事でした(笑)

なので、携帯を海外通話出来るように設定しない方は、日本でウーバーのご用意を😙

さて、初Uber体験(笑)

海外通話、出来るようにしていないので、Wi-Fiのあるところで、呼ばなければなりません☝️

と言うことで、AirbnbにUberを呼びました、動きは地図で見ることができ

だんだん近付いて来ます😗
image

 

☝️こんな感じです、実際は地図上に車が表示されます✨

家の前に着いたのを確認して、外に出ると車が、来てました😊

すると、もうすでに先客が乗ってましたニコニコ知らないうちに、相乗りになってました(笑)

運転手は、Munirさん👮
image

 

車の近く行くと”What is your name ?”と聞かれ ” Miki! “と言うと

乗せてもらえます(笑)

それがウーバーを呼んだかどうかの確認😄

たまたま、乗り合わせたのは、ジュード ロウ似の、アイオワ?かどっかから、大学の授業を受けに来た医学生💉

運転手さんと、その人が話してるのを聞いていると、そんな感じでした(笑)

ブルックリンを、Bushwick からDumboまで、北西から南東への移動で、電車で移動しようと思うと🚇

一旦マンハッタンに出て戻るという面倒くさいことをしないといけないので💦

時間もなかったので、ウーバーを使いました❗️時間は20分弱くらいで着きました😊

途中で、ユダヤ教の人達が、たくさん歩いていて、しかも面白い帽子をかぶってたので(笑)

いつものハットや、ちっさい丸~いチョン乗せハットでもない、
ロシア帽の、もこもこ黒バージョンのデカイやつってところでしょうか(笑)

“あの帽子は何?”と聞くと、そのジュード ロウと運転手さんが、

ここら辺は敬虔なユダヤ教徒の人が、昔から多く住んでいて、

今日は、ユダヤ教のハロウィンだから、みんな特に正装してるんだよ、と教えてくれました☺️

どおりで、通りをユダヤ教の格好のファミリーが、いっぱい歩いてました💂

そして、私の目的地に到着、指を刺された場所は、橋の下の工事現場‼️

“え?!これ?”と言うと

運転手さんが、地図はここを指してるけど、たぶん逆👮

と、指差した方にはBARが🍸

良かったぁ~”ありがとー!”と
お財布を出すと

ジュード ロウが、”もうお金は清算済みだから、良いんだよ~”と教えてくれました💦

そうです❗️Uberは、カード決済💳なので
アプリで、車を呼んで、搭乗して、降りた時点で、完了⇨自動清算‼️

だったのです😃

楽チン楽チン✨

9.68$でした、電車よりは高かったですが、走った距離や時間を考えると、なかなか良かったです😙

そして、やっと友達と合流しました~🌃

初Uber体験は、こんな感じでした(笑)

ちなみに、今回このほか3回使いました❗️

それはこの次のブログ、Uber2で(笑)

image