さて、私達の目的はニューヨークなのにトロントに足止め

IMG_1038

↑こちらは、まだNY便キャンセルと聞く前の、国際便おりたお疲れのところ

エアカナダから、最初に用意されていたのは、あくる日の午後5時のフライト✈️

そんなバカな‼️私たちは次の日NYで、ライブをしなければいけないので、遅くても夕方にはニューヨークのブルックリンに着いておきたかったのです

エアカナダのカウンターのスタッフから、この便で!みたいな感じでフライトチケットを渡されたので

私は、”すみません、明日どうしても夕方までにニューヨークに着いていないといけないので、他に早い便はありませんか?”と尋ねると

“オッケー2時発ならあるよ”と探してくれ

“それより早いのはない?”と聞くと

“ないです。”と断言され

“じゃあ2時の便にして”と頼み、フライトをチェンジしてもらいました。

とにかく、外国でこういう事があると自分の意思をハッキリ言わないと、泣き寝入り、損をします。☝️

最悪、葬式に行かなきゃいけないの〜!と、急を要していると嘘でゴネようと、ニューヨークの友達と打ち合わせしていたのですが(笑)それは使わずにすみました

そして、ホテルのシャトルバス乗り場へ行き、しばし待ち

バスに乗ると、私達と他に日本人の旅のグループが2組いて、1組は卒業旅行ぽい男性2人組、もう1組は恋人ではなさそうな男女2人組、

その卒業旅行らしき人達が、そのカップルに”僕たち初めての海外なのにこんな事になってめちゃくちゃついてないっすよー”と、話していて

そのカップルの男性が、”俺なんてコート預けちゃったから〜めちゃくちゃ寒いんだけど!”とスエット一枚で嘆いていました

そして、卒業旅行の男の子が、カップルの女の人に”明日何時の便ですか?俺ら5時って言われて、ここで何しようかと思ってー”と言うと

その女の人も、”ゴネなきゃダメだよ〜言ったら意外と早いのあったりするから〜!”と(笑)

彼女は旅慣れしてるようだったし、英語も普通に喋れる感じでした

やはり、日本人の皆さん意思表示と希望はキッチリ伝えてみましょう☝️

そして、ホテルに着いてチェックイン

私は女子なので、他のメンバーと別の部屋を用意してもらえてて、なかなか気が効くじゃないかと思いました(笑)

IMG_1047

ツインの大きな部屋独り占め                          ほとんど素泊まりでしたが、綺麗なお部屋で良かった

そして、このホテルのレストランディナー使える、お食事チケットも用意してくれてましたLucky

チェックインの時にホテルのコンシェルジュの、ベテラン風のおじさまに説明とともに、そのミールチケットをもらったのですが…

説明が、”朝$7 、昼$10、夜$15のチケットをどの様に組み合わせて使っても良いよ、あなた方はお昼まではいないから、ディナーに昼のチケットを、プラスして使ってもいいし、でも朝は7ドルね!”

と言っていると解釈したのですが、なんだか不安でもう一度聞いたらそう言われたので、その様に考え☝️

ディナーに行ったのですが、ここでも一悶着(笑)

IMG_1035

↑ホテルのカウンター